人を乗せた車で交通事故を起こした場合

自分だけで自動車やバイクの運転をしている状態で交通事故を起こしてしまえば、もちろん交通事故の賠償問題やその他警察での処分についてもすべて自分が受けることになっています。

しかし同乗者がいる場合には、様々な問題が起きてくるので、しっかりと覚えておかなくてはならない部分もあります。

場合によっては自分の仲良しと一緒に車の運転をしていて交通事故を起こしてしまい、それがきっかけとなり、裁判にまで発展してしまうと、相手に弁護士を立てて双方でのこれまでの間柄に亀裂が入ってしまうこともあります。

車にしてもバイクにしても、好意同乗者というものがあり、この好意同乗者による交通事故の原因が分かったというケースでは、運転してるドライバーさんだけでははななく、同乗者にも責任問題が問われることになっています。

基本的に好意同乗というのは運転するドライバーさんの好意によって、またお金を取らず無償で誰かを車に乗せることを言うのですが、このような好意同乗しているだけではとく特に同乗者に責任を問われたり、ドライバーの責任問題が軽くなるということはありません。

運転を強要したり運転を邪魔していれば責任を問われる

上記とは違い、搭乗者がドライバーの運転を邪魔することや、強引に運転をさせるといった場合には、当然ながら同乗者にも交通事故の際の責任が発生することになっています。

飲酒運転が良い例ですが、ドライバーがお酒を飲んでいるということを知りながらでも同じ車に乗った場合には、こちらの同乗者者ににもドライバーと同じような刑罰が下されることになっています。

これだけではなく雨でとても視界が悪いの中、上司が部下の運転する車に乗り相手との会議まで時間がないから急げと指示を出したケースで交通事故が起きてしまった際には、やはりここでも同乗者に落ち度があるということになり、ドライバーの責任問題や最終的な賠償金額の支払いなどにおいて減額されることが知られています。

このほかにも居眠り運転をしているドライバーを放置していたと言った場合はや、同乗者がドライバーの視界を遮るようようにいたずらをしてしまったなどという場合にも、同じく搭乗者への責任問題が問われると共に、ドライバーが支払うべき損害賠償金額も減額されることになります。

事故が起きやすいような状況で運転を強要していれば最終的な慰謝料が減額される

車に同乗している状態で交通事故が起きてしまえば、同乗者者ににも、怪我があった場合には基本的にドライバー側が保証をしなければならないのですが、ここでもやはり同乗者がどのようのような状況だったかによってドライバーが同乗者に対して支払う金額の計算などがあります。

上記のように損害賠償金額としてではなく、慰謝料として減額されるケースは、ドライバーに対して同乗者が台風などのように視界も悪く運転しにくい状況の中で、車に乗せてくれとお願いしたケースや、門限を守らないと親に怒られるから、急いで運転してほしいなどといったケースではこの状態で交通事故が起きてしまった際には、ドライバーと上司にに対して支払われる慰謝料が減額されることがありあります。

もちろん全てのケースに当てはまるわけではありませんが、様々な事故の状況によって同乗者にも原因があると判断される場合には、ドライバーが支払うべき金額が減額されることを覚えておきましょう。

ただ車に乗っていて自分には全く責任がないからと主張をしたところで、必ずしもすべて慰謝料や損害賠償請求ができるわけではありません。

ここで自分が納得できないから、弁護士にお願いしたいと言っても、同乗者自身に落ち度があったと認められるケースでは、前向きに引き受けてくれる弁護士さんは少ないかもしれません。