交通事故で保険が使える病院がある

私たちは、様々な目的で病院に通うことがありありますが、一般的に風邪をひいてしまったという場合や日常生活の中で怪我をしてしまったという場合には保険を利用することができます。

しかし、交通事故が起きてしまい病院にかかるという言うケースでは、保険が使えないと言われているため、本当に保険が使えないと思っている人も多いのではないでしょうか?

また銀行側から保険が使えないと言われてしまうこともありますから、当然ながらこのような部分から交通事故での通院や入院費に保険が使えないと言う認識の方々も沢山さんいます。

しかし、実際には交通事故で保険が使えないというのは法律などで決められている事ではなく、充分保険を適応させることができます。

このような話を聞くととても驚くと言う人がたくさんいますが、交通事故で保険が使えないといういうのは、上記のように一般的に広がった単なる認識であり、さらには病院側の保険は使えないといういうのはいくつかの理由があります。

保険会社から支払われる金額について金儲けを考えている病院

交通事故での通院や入院という言うのは、被害な者の場合、基本的に加害者側の保険会社からお金が支払うことになります。

また加害者であっても、任意保険に加入していれば、支払いは保険会社から行われることになりますので、保険が使えないと病院側が患者に言うことによって、すべて自腹での診療ということになり、自腹での診療料金を保険会社に請求することができます。

保険は適用させた場合と、100%自腹での診療などでは、当然ながら金額に大きな違いがあり、保険会社としては保険を適応させなかった場合の支払金額も病院側に支払わなくてはなりません。

そのため金儲け主義の病院の場合には、保険が使えないと言って、窓口での支払いがなくても最終的に保険会社から、大きな金額を貰うといったからくりがあります。

このような部分はしっかりと法律で決まってていないのがなんだか不透明目で、気持ちが悪い気もするのですが、万が一保険が使えないと言われても、そんは法律はないはずだと強く窓口で抗議することによって、保険が適用されますので覚えておきましょう。

美容美容外科などの場合には、保険が適用されない。

例えば交通事故の被害者となってしまい、顔や体に大きな傷が残ったことによって、一般的な病院では治療ができず、美容整形外科外科などで施術をするといったケースででは、必要に応じて保険会社との話し合いをする必要がありますが、保険会社のOK を受け実際に美容整形クリニックに通う際には、保険を使用することができできません。

これは交通事故にかかわらず美容整形外科での施術内容そのもの治療というものではないからです。

保険が適用される医療機関での内容は、病気をはじめとして、怪我に関しても治療が必要だと判断されたケースに限りますので、美容外科の場合には、あくまで自由診療といういうことになり、保険は使えない仕組みになっています。

これは国が決め決めていることですから、傷が残っていて独断で美容外科に足を踏み入れてしまい、その後保険会社に請求をするのではなく、まずは保険会社に傷が残っていて、一般的な病院では治療が行えないことを伝え、さらに見た目を綺麗に戻すため美容クリニックに通うとということをしっかりと了承させましょう。

その上で通えば、窓口で支払いいをしなくても、美容外科からは保険会社に請求が行くことになりますから、自分自身は自由診療の上で、お金を支払う必要はなくなります。